プレビューモード

【連載】ベストカー本誌編集委員・梅木の「ちょっとした話」 Vol.34[シン編集部の昼食事情「え~5人も来ちゃった~?? 食事、あったかなぁ~」]

 首都圏はすっかり初夏の陽気の4月中旬。街中ではハナミズキも咲いていますね。……そんななか、毎度お馴染み、水曜日のお楽しみ(になってほしい)、ベストカー本誌編集委員・梅木智晴の「ちょっとした話」。
 今回は「おいおい、大丈夫? このお店」と思ってしまうけど、どこかほのぼのゆる~い感じのお店の話のようです。(ベストカーMate編集部B)※今回の写真はすべてイメージです

■新天地に移転して1カ月経過。学生アルバイト君を誘って近隣に食事に出かけた!

 ベストカー編集部に入って以来35年間通い続けた「音羽の不夜城」こと第二音羽ビルから新天地に移転して1カ月がたったわけですが、いまだ、明るくきれいで広々した編集部の雰囲気に馴染めないというか、落ち着かないというか……。

 馴染めないというのが理由じゃないんだけど、移転先ビルの周辺で昼食を食べるということもなかなかない……。しかし、ある日。編集部周辺で昼食を食べよう! となった。

 最近編集部で働いてくれている学生アルバイト君を誘って、近隣の食事処を開拓してみることにしたのだ。

■店主らしい人がひと言。「ハンバーグは残りひとつ、パスタも一人前しか残ってないのよね~」

 わりと近くに「いかにも昔からここでお店やってます!」的な、個人経営の小さなカフェを発見。入り口にはランチメニューも書いてあるし、店内は狭いけれど小綺麗で悪くない感じ。

 よっしゃ、と扉を開けて「5人なんすけど……」と言うと、店主と思しきご婦人が「あらぁ~、5人も来ちゃったのねぇ~。席はあるけど、お食事、あったかしら~」と、まあ、なんとも「ゆるーい」ご対応。

 昼休み時間の混雑を避けて13時近くに訪れたわけだけど、ちょうどランチタイムが一回転したところだったのかな? 「ハンバーグは残りひとつ、パスタも一人前しか残ってないのよね~」。いいぞいいぞ、この緩さ(笑)。

■注文するまではやや不安だったけど、けっこうコスパのいいランチでした!

 ならば、同じメニューを注文しないほうがいいと思い、5人それぞれにばらけたメニューを注文したわけだけど、セットのサラダは大盛だし、バナナとオレンジが添えられて、食後にコーヒーだって付いてくる。これ、けっこうコスパいいランチメニューだぞ!(ラッキー)

 ……とまぁ、こんな感じでちょっとずつ新しい場所での日々に慣れていくオッサン(私、ウメキ)なのでした。

 でもあれですよ。移転したとはいっても実際のところ、もとの第二音羽ビルと同じ通りにほぼ面していて、直線距離700800mなので、ガラリと周囲の環境が変わったというほどでもないんだけどね~。(ベストカー本誌編集委員・梅木智晴)