プレビューモード

【連載】ベストカー本誌編集委員・梅木の「ちょっとした話」 Vol.35[東京~京都を走ってわかったスープラのこと]

 みなさま、どうも~。こんにちは。今週もやってまいりました! 水曜日のお楽しみ、「ベストカー本誌編集委員・梅木智晴の「ちょっとした話」。

 クルマの運転大好きな梅木は、長距離走るのもなんてことなし! 今回、首都圏から京都まで走る機会があったのだけど、その道中、意外なことに気づいたんですよ!(ベストカーMate編集部B

■「う~ん、スープラ最高‼」なんてニヤニヤしながら、新東名高速でいざ京都へ!!

 先日、ちょいとした取材のためスープラに乗って神奈川県箱根から滋賀県方面を目指した。

 一気に400kmほど運転するんだから、もうちょいゆったりドライブできるクルマがいいんだけどなぁ~、なんて贅沢なことを最初はちょっと思ったりもしたんだけど、30分も走ったら、「う~ん、スープラ最高‼」なんてニンマリしながら運転しているんだから、クルマ好きってのは単純だ。

 長泉沼津インターから新東名高速に乗って巡航モードに入ったところで、クルコン(クルーズコントロール)のスイッチON‼ 120km/h区間だからして、3車線の真ん中をキープして快適クルーズを決め込んだわけですよ。

■スープラのクルーズコントロールは……、ええっ!? まさかのアレですか!

 平日の夕方で、交通量はそんなには多くないものの、大型トラックはけっこう走っている。しばらくはクルコン作動させたまま追い越し車線に出てトラックをパスしたりしていたのだが、急ぐ旅でもないのでクルコン任せでもいいかな、と、前を走るトラックに構わずクルコンの自動減速を待っていたら……。

 あらららら~!? スープラのACC(アダプティブ・クルーズコントロール)、ずいぶん攻め込んだ車間だねぇ~なんて余裕もつかの間、グイグイ接近していくわけですよ!!

 え、え、え~!? まさかアダプティブなしですか~??????

 ちょっと盛って大げさに書いちゃったけど、「このあたりで減速始まるよね~」ってあたりでもひたすら速度を維持しまくるので慌ててクルコン解除したってのがホントのところ。ちなみに写真は、スープラのインパネと室内。

 ■MT仕様は、なんとアダプティブ機構なしの「猪突猛進型クルコン」でしたぁ!

 うむむむむ。考えたら今運転しているスープラはRZMT。サービスエリアに入って確認したら、ATモデルは「全車速追従アダプティブ・クルーズコントロール」なんだけど、MT仕様だとアダプティブ機構なしの「猪突猛進型クルコン」なのでありました。

 ここから先は、「人力アダプティブ・クルーズコントロールドライブ」で快適に長距離ドライブを楽しんだ。

 どういうことかというと……。ある速度でクルコンをセットして、遅い前走車を認めたなら、早めにクルコンをキャンセル。緩やか~なエンブレで車間距離を維持しつつ前走車との車間が一定になったら、「再度クルコンON」。

 これで「今の速度」が維持できる。前のクルマがいなくなったらステアリングスイッチで120km/hに再セット。これの繰り返しで案外ストレスなくロングドライブを快適に走ったのでありました。

■前を走るクルマがいなくなったら、ステアリングスイッチで120km/hに再セット!!

 それにしてもスープラの長距離巡航、基本性能が高いからめちゃめちゃラクチンで疲れ知らずなのでありました。

 ということで上の写真は、京都で撮った1724分時点のスープラのナビ。「さぁこれから帰るぞ」という一枚で、編集部まで472㎞、到着予測2317分というのは、さすがに心が折れそうになる……。

 で、下写真は到着予測時刻よりチョイ早い2248分に編集部帰着。往復約1000㎞走って実燃費は12.3kmLでありました。(ベストカー本誌編集委員・梅木智晴)