プレビューモード

アル/ヴェルもタジタジ! 日産新型エルグランドSCOOP情報は見逃せません! 「ベストカー」8月26日号、発売中!

■日産新型エルグランド、あの「ジャパンモビリティショー」に出展決定という情報をつかんだ! これはまさに事件だ

 今号もベストカーのウリ、SCOOP特集は注目に値しますよ~。先日発売開始した、トヨタアルファード/ヴェルファイアの人気ぶりは相変わらずですが、それのガチなライバル車、日産新型エルグランドを取りあげます!

 これは予想CGですが、アルファード/ヴェルファイアとはまた違う、シンプルな造形ともいえる元祖高級ミニバン。
 ベストカー本誌では「今後のエルグランドはかなり四角いスタイルになる」と紹介していたが、スタイリッシュなボクシーデザインといえそうだ。

 パワーユニットは日産の懐刀、e-POWERを搭載するのは確定的といわれ、それに加えてBEVもラインナップに加えるという情報も入手! 20231026日から開催される「ジャパンモビリティショー」に出展されるというから楽しみじゃないですか!

 この日産新型エルグランド以外にも、SCOOP特集では、日産デイズ/ルークスe-POWER情報や、トヨタGRヤリスのビッグマイナーチェンジ(300psオーバー&8AT追加)といった驚きのネタもあります。ぜひ、読んでくださいまし。

■毎日使って快適なクルマはどれ?…が、わかります! 超実用的な特集「日常使い選手権」

  ほぼ毎日のように乗るクルマ……。そんな愛車だからこそ、やはり「使い勝手のよさ」は重要です。それを徹底テストで突き詰めよう、というカラー特集がこちら。

 プリウス、クラウンクロスオーバー、ノア、インプレッサ、ステップワゴン、エクストレイル、セレナという人気モデル7台を集結させ、「日常使い勝手」をコンセプトにたっぷりテストしました。

 前方視界テスト、駐車のしやすさ、街中で効いてくるスタートダッシュ加速性能、実燃費テスト……など、全6項目をテスト。使い勝手のよさが如実にわかる結果となっています。

 加えて、現行国産車のなかで「ACC」や「LKA(車線維持アシスト)」の性能が優れるクルマを、自動車評論家が説くコーナーもあります。こりゃもう、読み逃せませんね!

■「帝王の風格」を味わった! トヨタ新型ヴェルファイア、緊急試乗。進化した乗り心地と操縦性は想像以上だ~

 話題と注目を集めるなか、発売開始となったトヨタ新型アルファード/ヴェルファイア。加熱ぶりは想定以上で、すでに1年以上の納車待ちとされ、「欲しくても買えない」状況なのです。

 しかし、その質感と走りをいち早く読者のみなさんへお届けしたいベストカー本誌編集部は、独自ルートを駆使して新型ヴェルファイアの緊急試乗に成功! 上写真のように、走る姿も格好いい、新型ヴェルファイアの試乗レポートを掲載しています。

 TNGAプラットフォームを採用し、ガッチリとした剛性は想像以上で、極上の乗り心地。さらに操縦性重視のシャシーチューンをほどこしたことをヴェルファイアで実感するなど、このモデルの魅力を全方位でお伝えする企画です。

 さらに、販売店への直の取材でわかった、アルファード/ヴェルファイアの納期や値引き情報なども掲載していますよ~。

■SA・PAを10倍楽しむ保存版的大特集があれば、「期待が大きいだけに心配だ! 大丈夫か? 日産」企画も!

 そのほかのオススメ企画として……。まずは「夏休みスペシャル! SAPA10倍楽しむ虎の巻」特集。高速道路上にあるSAPAの最新のお楽しみがわかる、保存版的に楽しめる内容です。「スペシャルラーメン49杯」コーナーは、写真を見ただけでもう大満足しちゃいます(笑)。

 さらに「一番安いグレードが狙い目のクルマたち」企画。最廉価グレードでも、探せば魅力的なものもあります! というテーマのもと、超お買い得なクルマたちが登場します。

 「期待が大きいだけに心配だ! 大丈夫か? 日産」や「電動キックボードに備えよ!」といった問題提議企画があれば、「ニッポンの小さな高級車 挑戦史」や「電動コンパクトSUV 戦国時代!」といったぜひチェックしていただきたい企画も盛りだくさん!

 発売中のベストカー826日号、今の気候以上にアツい中身です!!(ベストカーMate編集部B